収録写真数4,000枚超。
見て、読んで、聴く、
空前の写真集アプリ誕生。

iPadアプリ
「野上眞宏のSNAPSHOT DIARY」

ついに全容が明かされる4,000枚以上の写真が、膨大なテキスト・声による証言とともに、「あの時代」の風景を、人々を、日本のロックを、語りはじめる。
ノスタルジーを超えて、まだ見ぬ未来へと記憶を継承してゆく、写真家・野上眞宏の集大成。


収録内容

未発表作品満載
写真約4,000カット

ほぼ時系列に沿って一挙収録

はっぴいえんど、エイプリル・フール、キャラメル・ママ、YMO、細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂 など

初公開写真も多数収録

詳細な写真解説&
オーディオ・コメンタリー

文・語り: 野上眞宏

野上眞宏エッセイ集

『はっぴいな日々』再録+書き下ろし
鋤田 正義、鈴木 茂、高橋 靖子、細野 晴臣、松本 隆、柳田 ヒロ

豪華ゲストを迎えたオーディオ・コンテンツ

野上眞宏との対談、インタビュー 鋤田 正義、鈴木 茂、高橋 靖子、細野 晴臣、松本 隆、柳田 ヒロ

デモムービー

購入方法

「野上眞宏のSNAPSHOT DIARY」

App Storeにて好評配信中

  • iPad向け、iOS6以上
  • サイズ:1.9GB
  • 言語:日本語、英語
  • 価格:5,400円(税込)

当写真集アプリはiPadでご覧いただける電子写真集です。
なお、iOSのバージョンは6以上が必要となります。

正規版のダウンロードはこちら

App Storeからダウンロード

※当アプリは約2GBのファイル容量があるため、Wi-Fi環境でもインストールに30分以上の時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

野上眞宏プロフィール

1947年8月27日生まれ。
立教大学卒業後、六本木アートセンタースタジオ勤務を経て、1971年から鋤田正義に師事。
1972年にフリー・カメラマンとして独立し、1974年にアメリカ/ロサンゼルスに渡る。
ワシントンDC、ニューヨークと移り住んだのち、1994年から日本に帰国。
2000年に再びニューヨークに渡り、アーバン・ランドスケープの撮影を中心に、写真芸術の探究を続けている。

主な作品
『New York – Holy City』(美術出版社刊)
『はっぴいな日々』(ミュージック・マガジン刊)
『HAPPY SNAPSHOT DIARY: Tokyo 1968-1973』(ブルース・インターアクションズ刊)
オフィシャルサイト
http://www.mikenogami.com